チーム紹介

チームの歴史

愛知長久手ボーイズは2001年3月11日に日本少年野球連盟(ボーイズリーグ)東海支部16番目(現在は愛知県西支部所属)のチームとして故・森下 正夫 を中心に健全たる青少年の育成を目的として活動を開始しました。
現在は赤間監督が指揮をとり、森下前総監督の教えを受けたOB達やその他の経験豊富な指導者が指導にあたっています。

チームの目標

愛知長久手ボーイズは硬式野球を愛好する少年に正しい野球のあり方を指導し、野球を通じて心身の鍛錬とスポーツマンシップを理解させることに努めます。

そして、野球という素晴らしいスポーツを通じて社会に通用する人材を輩出する事を目標として活動しています。

チーム行事

2019年度の年間予定は現在作成中